一宮のカフェ&バー「slow room」イベントも実施中

0586-46-9559

スケジュール

HERMETO PASCOAL / NATUREZA UNIVERSAL (CD)

?

?

2017年8月に自身のグループ名義としては15年ぶりとなるCD2枚組の新作『NO MUNDO DOS SONS』をリリースしたばかりのエルメート・パスコアル。2017年年始には久々となる来日公演を行い、年末にはUKのFAR OUT RECORDINGSから1976年にレコーディングされていたという未発表音源までリリースされるなど、2017年はまさにエルメート・イヤーだったな...などと感慨にふける間もなく、まさかのニュースが飛び込んできた!それが本作、2017年2枚目となる新作『NATUREZA UNIVERSAL』である。 グループとしての頂点を極めた『NO MUNDO DOS SONS』に対し、本作はビッグ・バンドを率いての録音で、エルメート・バンドのブレーンとして長年活動をともにしてきたピアニストのアンドレ・マルケスが実現、ディレクションを担当したのだという。エルメート・ファンならばご存知のとおり、70年代にレコーディングされたブラジルの数々の作品でアレンジャーとしても異才を発揮していたエルメート。自身の録音でも代表曲「ベベ」を始め、ビッグバンドで録音することも多かった。本作はそんなエルメートのビッグバンド/アレンジの歴史を俯瞰するような内容にもなっていて、30年ほど前に作曲されたものから近年の楽曲までを楽しめるレパートリーとなっている。 アレンジやピアノはもちろん、おなじみの水の入ったグラスやケトルなどを高いテンションで演奏するなど81歳を迎えた御大エルメートも変わらず元気一杯。とはいえ本作最大の特徴はエルメートの作編曲家としての側面に焦点を当てていることだろう。『NO MUNDO DOS SONS』を録音した自身のグループの面々に加え、ファビオ・ゴウヴェイアなどエルメート直系で現在はソロで活躍するような才人を迎えた最高峰のビッグバンドが奏でる迫力満点のアンサンブルと、エルメートの摩訶不思議でありながら実に美しい楽曲のハーモニーは、思わず息を呑むほどに美しいもの。 スナーキー・パピーなどエルメートにリスペクトを捧げるミュージシャンが増えている昨今。アンサンブルものが注目を集める潮流とあいまって、本作こそ今まさに聴きたいエルメートだった!というリスナーも多いだろう。全ての音楽ファンが聴くべきマスターピースとして超強力リコメンド!

?